マンションの査定をするときどこを見るべきなのか

どのようなポイントで不動産の金額が決まるか

どのようなポイントで不動産の金額が決まるかお客さんが来る前に確実に部屋の掃除をしっかりた方がよい可能な限り処分できるものは処分をしておきましょう

これから自分の住んでいるマンション売却したいと考えるならば、まず査定に出さなければいけません。
当然ながら、査定に出すとき少しでも高い金額が出るように事前の準備をしておくことが必要です。
築年数などは自分の力で替えることはできませんが、部屋をきれいにしたり自分で修理可能な傷などを直すことで少しでも高い査定にすることは可能です。
ただ、どこを見るかはよくわからない状態ではいったい何をしたらよいのかもわかりません。
そこで、どのようなポイントで不動産の金額が決まるかを見ていきましょう。
まず一つ目のポイントは、へこみや傷などになります。
ほんのわずかのへこみ程度ならば問題ありませんが、大きくへこんでしまったり大きな傷が付いている場合には問題です。
よくあるパターンとしては、床などに大きな傷が付いている場合です。
床に傷が付いているときは、たいていの場合何か重たいものを落としたパターンでしょう。
このような場合には、自分で修理することもできないためたいていの場合そのまま放置しておいたはずです。
また、気がつかないうちに重たいものを引きずってしまい線ができてしまうことも少なくありません。
例えば箪笥の場所を変えようと思い引きずりながら移動したところ、傷ができてしまい目立つようなことも少なくありません。

マンション査定に行った事あるな。

— zaruEnterprise (@dRoG4ZhqJoyS7ku) 2019年3月11日